運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント2018年度版(2018.4.1~2019.3.31)
1、輸送の安全に関する基本方針
我が社の経営理念である「安全・迅速・確実」を全従業員に周知させ、物損及び人身事故、荷物破損及び誤配事故、飲酒運転根絶を目指し絶えず輸送の安全の向上に努める。 「輸送の安全こそが我が事業経営最大の責務である。」
2、輸送の安全に関する目標
①人身事故の絶滅(目標ゼロ件) ②荷物事故発生件数前年度比20%以下 ③物損事故発生件数前年度比30%以下 ④労働災害ゼロ件 ⑤全従業交通違反ゼロ件
3、社内への周知方法
・対面点呼時呼び掛け ・輸送の安全に関する基本方針の社内掲示 ・輸送の安全に関する基本方針を指導教育会議にて周知
4-1、目標達成のための年間計画
・点呼時、安全運行の呼び掛け ・デジタルタコグラフ・ドライブレコーダーの有効活用 ・(デジタコ実績検証(速度・連続運転時間の指導)) ・継続的な安全教育 (安全教育会議、KYT(事故防止対策会議)、社内ヒヤリハット情報意見交換、社内事故情報の開示と共有) ・全従業員健康診断受診 ・定期的な運転記録証明書の取得 ・事故惹起者への特別指導教育
 
4-2、前年度の達成状況(2017.4.1~2018.3.31)
前年度は目標達成に至りませんでした。
目標            結果         達成状況
 人身事故の絶滅 0件 達成
 荷物・物損事故前年度比30%以下 15件以上 達成ならず
車両事故由来事故  ゼロ件 達成
事故情報の開示
5、我が社の安全に関する反省事項
・2017年度の内部チェックは2017年12月を予定。問題点の見直しは後日、社内に掲示する。 ・荷物事故の多発
6、我が社の反省事項に対する改善事項
・チェックした結果、問題点があれば、積極的に改善に取り組む ・社内情報共有の場を多く設け、類似事故を撲滅する ・労働災害ゼロに向け安全教育の内容を充実させる
7、我が社における安全に関する情報交換方法
・月に一度の指導教育会議にて意見交換を行う。
8、我が社の事故に関する情報
・2018年2月現在、重大事故は発生しておりません。
                                           以上