防衛運転を実践しましょう

三重県松阪市の運送会社ファイン流通です。

連休が明け、いつもの日常に戻った方も多いのでは。

ゴールデンウィークの明けは心身ともに疲れがどっと出る時期です。ゆえに五月病といわれる症状もあるくらいです。

ちょっと疲れているかも?と感じたら、自分をいたわることを忘れないようにしたいものです。

自分なりのリフレッシュ方法を日常に取り入れて気持ちを入れ替えたいですね!

当社の大型保冷車です



今日は防衛運転についてです。

防衛運転という運転方法、聞いたことありますか?

防衛運転とは、自らが原因の事故を回避することに加え、もらい事故に巻き込まれる確率を避ける運転のことです。


万が一事故が発生した際も被害を最小限に抑える・・・そんな運転の在り方です。


運転中は常に危険があると意識していると、他車が事故に繋がるような危険な行動をとっても事故の発生を予防できる、というものです。

交通事故は、必ずしも自分が悪いとは限らない事故も発生します。

例えば一般道路の信号待ちや高速道路の渋滞最後尾の追突事故。

こういった追突事故の被害者側は非がありません。(追突事故のほとんどは過失割割合がゼロです)


他にも、他者同士の事故で、はずみで停車中の自車に衝突してきた…これも俗にいうもらい事故ですね。

こちらがどれだけ安全運転をしていても巻き込まれる可能性があるもらい事故。

違反の点数や事故歴にはカウントされなくても、やっぱり事故は相手の保険会社とのやりとりや愛車の修理など、気疲れすることが多いものです。

大なり小なり、できれば避けたいのが交通事故です。

防衛運転をすることで1パーセントでも事故の確率を下げられたら、いいことだと思いませんか?


「防衛運転20箇条」という標語があります。気になった方は検索してみてください。

一部を抜粋して、こちらで紹介します。


●子供をみたら不意に飛び出すと思え
●停止中の車両をみたら、影から人が飛び出すと思
●交差点を通過するときは、信号無視をする人・車がいると思え
●停車の際は追突されると思え
●明け方の対向車は居眠りをしているものと思え
その他…


こういった標語が20箇条並んでいます。
例えば、停車のたびに「追突されるかも」と思うなんて大げさすぎる…ふとそう思いませんでしたか?


しかし、車を運転し、信号や一時停止標識で停車し後続車がいる以上、その後続車を運転している人が居眠り運転や漫然運転、ながら運転をしていない保証はどこにもありません。

逆に、絶対に上記のことはしていないだろうという自信はどこにあるのでしょうか?

注意するに越したことはありません。安全確認はしすぎるほどしてもいいのです!

運転というものは常に危険と隣り合わせです。

今日も車のハンドルを握る全ての人々が無事故無違反で一日を終えられますように。




荷物の配送はファイン流通にお任せください。

お引越しの見積もり、貸し切り便、当社倉庫を拠点とした配送等、配送に関する業務を行っております。

運送のプロ集団がお客様の荷物のお悩みを解決いたします!

ご連絡はメール・FAXは24時間、お電話でしたら下記の時間承っております。

お気軽にご連絡くださいませ。

電話 0598-61-1055
平日 9時~18時
土曜 9時~15時

自律神経って?

三重県松阪市の運送会社ファイン流通です。

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。有給休暇をとって10連休…や、飛び石連休の方、はたまたサービス業の方は書き入れ時ですね。

3年ぶりにコロナウイルスによる規制がない大型連休となりました。

お出かけされる方は、事故に注意して楽しんでください!

当社の相棒・フォークリフトです。


今日は健康の豆知識をお届けします。

しも、「なんだか少し調子が悪いな…」と思う日、ありませんか?

例えば頭痛、腹痛、下痢や便秘、動悸やいきぐるしさ、めまい…

もしかして深刻な病気かもしれないと精密検査に行っても異常なし。

でも症状は改善されない…

それはもしかすると「自律神経の乱れ」かもしれません。

自律神経、聞いたことはあるけれど詳しいことはわからない…少し調べてみました。


文字の通り自律神経とは「神経」のこと。

神経は「中枢神経」と「末梢神経」の2種類があり、簡単にいうと中枢神経は脳と脊髄のこと、末梢神経はそのほかの体中をめぐっている神経のことです。

さらに末梢神経は体性神経と自律神経の2つにわかれており、体性神経は自分の意志によって体を動かすもの、自律神経は自分の意志とは関係なく刺激等に

反応して体の機能を調節するものです。

手をグーパーと握ったりするのは体性神経、汗をかいたり心臓を動かしているのは自律神経です。

そしてこの自律神経は「交感神経」と「副交感神経」、この2パターンに分かれています。これは全く逆の働きをします。

交感神経は身体を元気よく動かすときに、副交感神経は身体をゆっくり休めるときに働きます。

普段はこの2つがバランスをとって身体の調子を維持していますが、この自律神経バランスが崩れると体にも様々な不調が出てきます。

自律神経が乱れる主な原因はストレス、不規則な生活、更年期におけるホルモンバランスの乱れや中には先天性のものも…

そうして上記のような身体の不調が発生するのです。

治療法はいろいろありますが、やはり一番大切なのはストレスコントロールと生活習慣の改善でしょう。

寝不足、過度なイライラ、偏った食生活…心当たりがある方はこれらを少しでも取り除く生活にシフトしてみるだけで改善する可能性があります。

ただ、慢性化した諸症状の中には本当に病気が潜んでいる可能性もあります。

すべて自律神経のせいだと思わず、疑わしい病状は一度検査を受けてくださいね。

健康なこころと身体は財産です!

株式会社ファイン流通では、運送に関する依頼を随時受け付けております。

貸切便、小口配送、引っ越し、貸倉庫等、お探しのサービスがありましたらお電話ください。

お見積りは基本無料となっております。

FAX、メールでのお問い合わせは年中無休、24時間受け付けております。

お電話での問い合わせは平日9時から18時、土曜9時から15時の間で受け付けております。

相談のみでも大丈夫です。お気軽にお電話ください。

電話 0598ー61-1055